NK細胞とは?

人の身体というのは、細菌とかウイルスといった病原体、それに正常な細胞が突如として変異して出現するがん細胞などで、絶えず危険な目にあっています。

 

しかしながら病気を発症することなしにいられるということは、身体を防御する免疫システムが機能しているからです。

このような免疫の主要な役目をしているのが、「免疫細胞」と呼ばれる細胞なのです。

 

免疫細胞というのは血液にある白血球で、与えられた機能を果たす免疫細胞が協同して全体的な免疫系統を維持しているのです。

とりわけNK細胞については、病原体を探知することと初めのアタックを行なっているのです。

 

NK細胞が初めて見つかったのは1975年のことで、ナチュラル・キラー細胞と命名されたのです。

NK細胞が発見されたのはT細胞よりも後になってからろいうことで、現在でも十分に解明には至っていない状況ですが、がん細胞を破壊するはたらきがあることが知られています。

 

リンパ球の中においてT細胞というのは、攻撃する力は大きいですが、樹状細胞などによる攻撃命令がないと実行しません。

それに比べ、NK細胞は24時間体の中を巡回してがん細胞とかウイルスに感染した細胞などを発見すると単独で迅速に襲撃、破壊するのです。

 

このことがNK細胞(ナチュラルキラー細胞)という名前をもつ理由なのです。

今は、NK細胞活性化サプリというのも市販されているみたいで、NK細胞についての認識が広まっているようです。